TOP > 旅の缶詰 > 年別 > 2023年

 

 1992年 1993年 1994年

 1995年 1996年 1997年

 1998年 1999年 2000年

 2001年 2002年 2003年

 2004年 2005年 2006年

 2007年 2008年 2009年

 2010年 2011年 2012年

 2013年 2014年 2015年

 2016年 2017年 2018年

 2019年 2020年 2021年

 2022年 2023年 2024年

2024.05.01〜2024.05.03
どこかにビューーン!で行く運任せの旅(上越妙高)


使用したきっぷ:どこかにビューーン!

日  程 :2泊3日

旅行工程 :

2024/05/01

横浜<08:06>-[横須賀線]-東京<08:38/09:32>-[北陸新幹線 はくたか557号]-上越妙高<11:23/11:37>-[えちごトキめき鉄道]-春日山/春日山BS<11:48/12:28>-[無料シャトルバス]-春日山荘前BS【観光:埋蔵文化財センタ】<12:34/12:47>-[無料シャトルバス]-春日山神社BS【観光:春日山神社】<12:51/13:05>-[無料シャトルバス]-林泉寺BS<13:10/13:10>-[徒歩:観光【林泉寺→春日神社→春日山城跡ものがたり館】]-春日野一丁目BS<14:56/15:00>-[頸城自動車バス]-上越妙高駅前BT<15:25>

2024/05/02

上越妙高<08:58>-[えちごトキめき鉄道]-新井<09:05/09:08>-[徒歩【観光:新井駅周辺散策】]-新井<10:15/10:21>-[えちごトキめき鉄道]-妙高高原/妙高高原駅BT<10:49/11:45>-[妙高めぐりんバス]-ビジターセンターBS【観光:妙高高原ビジターセンター→いもり池】<12:08/13:16>-[妙高めぐりんバス]-苗名滝BS【観光:苗名滝】<13:25/15:58>-[妙高めぐりんバス]-関山駅BT/関山<17:03/17:15>-[えちごトキめき鉄道]-上越妙高<17:39>

2024/05/03

上越妙高駅前BT<08:05>-[頸城自動車バス]-直江津ショッピングセンター前BT<08:40/08:42>-[徒歩:観光【ライオン像のある館(旧直江津銀行)→直江津大神宮】]-直江津駅前BT<10:25/10:33>-[頸城自動車バス]-北城町BS<11:12/11:14>-[徒歩:観光【北城神明宮→上越市立歴史博物館→高田城 三重櫓→小林古径記念美術館→榊神社】]-大手町BS<14:46/14:47>-[くびき野バス]-本町5丁目BS<14:52/14:53>-[徒歩:観光【五ノ辻稲荷神社→町家交流館 高田小町→高田世界館】]-高田駅前案内所BT<16:16/16:26>-[頸城自動車バス]-上越妙高駅前BT/上越妙高<16:41/19:16>-[北陸新幹線 はくたか574号]-東京<21:16/21:32>-[東海道線]-横浜<22:01>


JR東日本のポイントサービス「JREポイント」を6000ポイントでJR東日本の新幹線駅のどこかへ往復出来るサービス『どこかにビューーン』があります。
発駅から100km以上の往復が候補となり、候補を4択でランダムに絞ることが出来、4択で申し込んだ中で行先がランダムに決定するというチケットサービスです。

GW中に弘前に行きたいと思い、4/25で6000ポイント達成時に申し込みをかけました。
候補を選んでいくなかで、新青森、上越妙高、越後湯沢、上田の候補(GW中なので山形、秋田新幹線は出てこず)で申し込みました、2泊3日にしたのは青森想定でした。

行先が決定するまでの間、候補の宿泊地の空きや相場など調べつつ、観光名所を洗い出していました。

申し込んでから3時間後ぐらいに行先が決定して、宿泊地、観光地を調べ上げました。
青森想定の2泊3日でしたので時間を持て余し気味の工程となりました。
東京〜上越妙高は乗車時期は乗車券5170、特急券4670の合計9840円と約70%offになっていました。

youtubeなどでどこかにビューーンの攻略法の動画などありましたが、GWのGW直前での申し込みではそんな攻略もあてにならず、第2候補までOKのところで申し込みをかけました。

 
どこかにビューーンのチケットレス乗車券です。

 
どこかにビューーンの座席案内レシートです。

それでは、2泊3日の成り行きをご覧ください。


2024/05/01

横浜<08:06>-[横須賀線]-東京<08:38/09:32>-[北陸新幹線 はくたか557号]-上越妙高<11:23/11:37>-[えちごトキめき鉄道]-春日山/春日山BS<11:48/12:28>

まずは東京駅を目指します。乗り遅れてはイケないので電車遅延を考慮して早めに移動しました。
案の定、横浜駅で乗車予定の東海道線にて1本前の電車がドアに物が挟まった?で見合わせとなり、急遽横須賀線に移動して事なきを得ました。


東京駅にて乗車予定のはくたか号です。


東京駅にて乗車予定のはくたか号と案内表示です。


東京駅にて乗車予定のはくたか号と案内表示です。

新幹線車内では、まったりと過ごしていました。


上越妙高駅と乗車してきたはくたか号です。JR東日本とJR西日本の境界駅ですが、JR東日本管理でした。

駅前の宿泊ホテルに大きな荷物を預けて春日山へと向かいます。


上越妙高駅にて乗車予定のえちごトキめき鉄道です。


春日山駅です。

本日は平日であるので昼食は春日山駅近くにある上越市役所のいわゆる社食(一般利用も可能)へと向かいました。
なんとか12時前に食べ始めたい・・・


上越市役所内の食堂で昼食です。ロースかつ定食(650円)です。


2024/05/01

春日山/春日山BS<11:48/12:28>-[無料シャトルバス]-春日山荘前BS【観光:埋蔵文化財センタ】<12:34/12:47>-[無料シャトルバス]-春日山神社BS【観光:春日山神社】<12:51/13:05>-[無料シャトルバス]-林泉寺BS<13:10/13:10>

春日山城跡周辺は道幅が狭く、混雑が予想される場合は、シャトルバス(無料)が運行されていたので各所回っていきます、
ただ、運転間隔の記載がなかったので予定はかなりバッファを取っていたのですが当日は3台で20分間隔ぐらいに走っているとの事でした。(昼休憩分は間隔が開く模様)
まずは、埋蔵文化財センターへと向かいます。


春日山駅でのシャトルバス乗り場です。シャトルバスがない場合の徒歩の距離が減り助かりました。
本来はマイカー対策でのパークアンドゴーのシャトルバスなんですけどね。


シャトルバスです。


埋蔵文化財センターです。マイカーの方々は隣接の駐車場に止めてのシャトルバス利用です。


埋蔵文化財センターでのパネルです。


埋蔵文化財センターです。貸衣装もあり、あなたも上杉謙信になれますぞ。


上杉謙信像です。


埋蔵文化財センターです。

続いて、シャトルバスで春日山神社へと移動します。


春日山神社です。前回は石段の下の駐車場でバスを降りたので今回はフラットで移動できます。


春日山神社です。


春日山神社です。ふりかえる像です。


春日山神社です。右側に石段があります。


春日山神社です。


春日山神社です。日本海方向を見ています。天候は雨が降らないだけ良しとしています。


上杉謙信像です。引いて全身を撮影。

続いてシャトルバスにて林泉寺へと向かいます。


2024/05/01

林泉寺BS<13:10/13:10>-[徒歩:観光【林泉寺→春日神社→春日山城跡ものがたり館】]-春日野一丁目BS<14:56/15:00>-[頸城自動車バス]-上越妙高駅前BT<15:25>

前回訪れた時(2009年)は大河ドラマ「天地人」放送で周遊バスを活用して無理くり回っていましたが、今回はゆったりとした散策となっています。


林泉寺の拝観券兼パンフレットです。


林泉寺です。


林泉寺です。のどかな情景です。


林泉寺本堂です。通路の両脇には池があり、カエルの鳴き声でのどかな雰囲気となりました。


林泉寺です。


林泉寺です。

ここからは春日神社→春日山城跡ものがたり館と徒歩で移動します。ほぼ平地なのが幸いです。


春日神社です。


春日神社参道です。


春日神社です。


春日山城跡です。


春日山城跡ものがたり館です。菅愛で関連ビデオなど上映していました。


春日山城跡ものがたり館からの春日山城跡です。

上越妙高へ戻ります。余り歩かずに最寄りのバス停から上越妙高駅行きのバスに乗ります。
予定より約2時間前倒しで本日の工程全終了です。、


上越妙高駅です。


で上越妙高駅のおもてなしドームです。

ホテルチェックイン後、夕食へと出かけました。
でも駅前ではお店が限られてしまう為、なんだかんだ居酒屋で飲食となりました。


駅前の魚民で夕食兼晩酌となりました。

宿泊ホテルへと戻ります。


上越妙高駅お出迎えキャラクター「ウェルモ」です。活動範囲が狭すぎるw


2泊お世話になるAPAホテル上越妙高駅前です。ほかに高田駅周辺、直江津駅周辺にもホテルはありましたが、必ず寄る駅=上越妙高駅周辺で決定しました。
観光する場所が少なかったら近隣のAPAリゾート妙高高原で軟禁状態になるもいいかなと思ってました。


2024/05/02

上越妙高<08:58>-[えちごトキめき鉄道]-新井<09:05/09:08>-[徒歩【観光:新井駅周辺散策】]-新井<10:15/10:21>-[えちごトキめき鉄道]-妙高高原/妙高高原駅BT<10:49/11:45>

2日目は妙高市へと観光しに行ってきました。


ホテル内からの光景です。本日は天気よし!


朝食は駅前のコメダ珈琲でのモーニング+手作りたまごドックです。

新井駅へと向かいます。


上越妙高駅にて乗車予定の電車です。


車内からの車窓です。


新井駅です。

1時間弱の散策をします。


新井駅周辺の散策の1コマです。


新井別院です。


新井駅に戻ってきました。

続いて妙高高原駅へと向かいます。


車窓です。


妙高高原駅にて乗車してきた電車(左)です。
左側はレトロ風に見えますが、ラッピング車両です。右側は正真正銘のレトロ車両です。


妙高高原駅です。


妙高高原駅です。

次のバスの時間まで少し時間があるので、駅近くの食堂にて昼食をいただきます。


昼食はチャーシュー麺をいただきました。


2024/05/02

妙高高原/妙高高原駅BT<10:49/11:45>-[妙高めぐりんバス]-ビジターセンターBS【観光:妙高高原ビジターセンター→いもり池】<12:08/13:16>-[妙高めぐりんバス]-苗名滝BS【観光:苗名滝】<13:25/15:58>-[妙高めぐりんバス]-関山駅BT/関山<17:03/17:15>-[えちごトキめき鉄道]-上越妙高<17:39>

妙高高原からは、いもり池、苗名滝を観光します。乗車するバスには周遊乗車券でお得になるので車内で購入となりました。


妙高めぐりんバスの周遊乗車券です。指定路線が乗り降り自由となります。


妙高めぐりんバスの周遊乗車券の裏面です。


妙高高原駅にて乗車予定のバスです。


いもり池です。

-いもり池の詳細はこちらのページ--

続いて苗名滝へと向かいます。


苗名滝バス停と乗車してきたバスです。


苗名滝です。

-苗名滝の詳細はこちらのページ--


苗名滝苑にて流しそうめんを頂きました。


苗名滝苑にて流しそうめんを頂きました。


お店の看板ボーイです。


苗名滝苑です。


苗名滝バス停です。

バスで宿泊ホテルへと戻ります。

関山駅経由のバスに乗車します。バス路線名が山麓線とついているだけあって有名どころの温泉地を残雪見ながら移動してました。


関山駅です。


関山駅にて乗車予定の電車です。


2024/05/03

上越妙高駅前BT<08:05>-[頸城自動車バス]-直江津ショッピングセンター前BT<08:40/08:42>-[徒歩:観光【ライオン像のある館(旧直江津銀行)→直江津大神宮】]-直江津駅前BT<10:25/10:33>

3日目は直江津、型だ市街を散策します。バスの1日フリー乗車券を活用して移動します。


頸城自動車グループの上越市内1日フリー乗車券です。裏面にスクラッチ式で年月日を指定します。


ホテル内からの光景です。本日は昨日に続き天気よし!。

バスで直江津市外へと向かいます。


直江津ショッピングセンターバス停です。

徒歩で水族館を目指します。


上越水族館うみがたりです。開館前(9時開館)の行列にイルカのショーが見れないと判断し、スキップ。

近くの屋台会館へと向かったのですが、休憩室として解放していたのか?でしたのでこれもスキップ。

海岸沿いにライオン像のある館へと向かいます。


日本海きちゃった。


おとなしい日本海の海を見ています。


ビーチバレーコートがありました。


ライオン像のある館です。
通常は10時開館でしたが、三八朝市のある日は9時からで待つことなく入館出来ました。

-ライオン像のある館の詳細はこちらのページ--

次に乗車予定のバス路線まで時間があるので直江津駅まで寄り道しながら歩きます。


三八朝市です。野菜などが中心で旅の土産は選べませんでした。


三八朝市の開催の看板です。三八祭りは朝市+祭りということかしら?


直江津大神宮です。


直江津大神宮です。


直江津大神宮です。


散策の1コマです。ノスタルジックな建物には目がないw


直江津駅です。


2024/05/03

直江津駅前BT<10:25/10:33>-[頸城自動車バス]-北城町BS<11:12/11:14>-[徒歩:観光【北城神明宮→上越市立歴史博物館→高田城 三重櫓→小林古径記念美術館→榊神社】]-大手町BS<14:46/14:47>

直江津駅からは高田城址公園近くまでバスで移動します。


北城神明宮です。


昼食は地元の食堂でかつ丼を頂きました。


上越市歴史博物館にて共通入館券をすすめられたので購入。
上3か所は高田城址公園内にあるのでそれだけでお得との事。


上越市歴史博物館です。館内撮影禁止なので外観のみ。


高田城址公園の堀の鯉です。


高田城 三重櫓です。


高田城 三重櫓と顔はめパネルです。あなたは姫?、それとも殿?


高田城 三重櫓からの眺めです。


小林古径記念美術館です。


小林古径記念美術館です。


小林古径記念美術館の芝生庭園です。


小林古径記念美術館にある小林古径邸です。

榊神社へと向かいます。


西堀橋です。所々パイロンがあり、傷んでいるところがあるよう。


榊神社です。


榊神社です。


2024/05/03

大手町BS<14:46/14:47>-[くびき野バス]-本町5丁目BS<14:52/14:53>-[徒歩:観光【五ノ辻稲荷神社→町家交流館 高田小町→高田世界館】]-高田駅前案内所BT<16:16/16:26>-[頸城自動車バス]-上越妙高駅前BT/上越妙高<16:41/19:16>

高田駅周辺へ向かいます。バスが来るかな?とyahoo路線検索したら1分後で無駄なく移動、


雁木通りです。


散策の1コマです。


五ノ辻稲荷神社です。


五ノ辻稲荷神社です。


町家交流館 高田小町です。休憩スペースとなっています。


町家交流館 高田小町の内部の様子です。


町家交流館 高田小町に置かれていた人形(こけし?)です。


町家交流館 高田小町と雁木通りです。


高田世界観です。
時間を持て余し気味でしたので、旅行終わってから映画鑑賞もありと思いました。
でも、バスor電車での高田-上越妙高駅は1本/hなので16時前後からの映画鑑賞は落ち着いて見れないなと思いました。

-高田世界観の詳細はこちらのページ--

観光施設の見学がすべて終了し、上越妙高へと移動します。


2024/05/03

上越妙高駅前BT/上越妙高<16:41/19:16>-[北陸新幹線 はくたか574号]-東京<21:16/21:32>-[東海道線]-横浜<22:01>

上越妙高駅周辺で夕食を頂いて帰宅とします。


夕食は悩んだ挙句、コメダ珈琲のミックスサンドでした。


上越妙高駅の新幹線案内表示です。


運行状況で、山形新幹線にてカモシカ衝突の影響でそちら方面が遅れているようです。


上越妙高駅にて金沢方面の通過するかがやき号です。


上越妙高駅にて乗車予定のはくたか号です。


大宮駅にて遅れていた東北新幹線を先行させた為、はくたか号も数分遅れで東京着となりました。


今回はどこかにビューーン!で行先を決める旅でした。
新青森、上越妙高、上田、越後湯沢と候補(うれしい順)で、せわしくない旅行となりました。

行先が決定してから計画を立てる中で、長野下車の立山黒部アルペンルートも検討してみましたが、1日目では余白なく立山まで移動となってしまうことと、5/3は休日なので混雑を避けたいということで断念しました。
雪の大谷を見れるチャンスでしたね。

最近の予定はYahoo路線検索で駅to駅でなく施設名を入れて検索しています。
また、予定のルートを保存しておいて、実績で予定ルートを現在時刻に変更して再検索することで、駅/施設名の入れ直しを省くことができます。
バス路線の検索も使える(対応するバス会社が増えた)のも褒めたいところです。
※旅行者の中には、紙の時刻表は持参すべきとの声もありますが、(電子版の)ツールを使いこなせるかどうかの違いかと思います。(もちろん紙の時刻表も熟知しているからこその意見です)

 

--おしまい。--

 

ページのトップへ戻る